HOME >

ひらおの歴史 -

ひらおの歴史

常に挑戦の姿勢で、揺るぎない
「ひらおブランド」を確立した35年。

1977年先代・河内健次郎が、福岡市東平尾に鮮魚・青果・精肉の生鮮3部門を揃えた「河内商店」を開店
※先代はもともと鮮魚店などを経営してきた起業家。当時の東平尾は周囲に田んぼが広がる「都会と田舎が混じりあった地域」で、生鮮3部門を揃えた商店は画期的だった。
1978年 隣接地に「ドライブインひらお」開店
※「ドライブインひらお」は、現在の「ひらお」の前身。当時は麺類や定食等も食べられる普通の食堂だった。開店にはユニークな経緯がある。当時、近所に定職につかない“遊び人”状態の若者が何人かいたのを先代が見かねて、うどん店・中華料理店などでの修業を勧めた。その若者たちの働き場を作る意味で「ドライブインひらお」の開店を思いついたという。面倒見のいい「親分肌」だった先代らしいエピソード。
1979年「ドライブインひらお」を「天ぷらのひらお」に改装し、再出発
※記念すべき「ひらお」1号店(現在の本店)。天ぷらのおいしさでたちまち人気店に。その後、定食やろばた焼きなどを扱う複合的な外食形態を目指すが、やがて天ぷらの一業態に統一。
1987年松島店オープン
加工工場新設 ※ネタをさばき、塩辛を作る専用工場を新設。
ここから「ひらお」の多店舗化が本格化する。
2000年早良店オープン
2005年久山店オープン
2006年貝塚店オープン・天神店オープン
※初の都心型店となった「天神店」も大盛況。
ひらおファンの裾野をさらに広げている。
2010年原田店オープン
2017年3月27日東宝ビル売却・建替の為、天神店閉店。
2017年『天麩羅処ひらお』として屋号を改め、大名店オープン(6月20日)
  • ごあいさつ
  • ひらおの歴史
  • 店舗のご案内
  • 採用情報
    正社員募集
    アルバイト・パート募集